環境への取り組み | CSRへの取り組み

お問い合わせ

環境方針

  1. リース事業を通じて経済的目標を達成するとともに、全ての事業活動において環境保全を推進する。
  2. 環境目標の設定・見直し及びマネジメントレビュー等を通じてシステムの継続的改善を図り、環境パフォーマンスを向上させる。
  3. 以下の通り汚染を予防し、環境保護に努める。
    1. (1)省資源、省エネルギー、廃棄物の低減等に取り組み、効率の向上、コストの削減を図る。
    2. (2)リース終了物件処理等においては、廃棄物の減量化と資源リサイクル及びリユースを推進する。
  4. 関係する法規制及びその他の要求事項を遵守する。

環境マネジメントシステム

地球環境の保全は企業にとっても最重要課題の一つです。三菱UFJリースグループは、「リース事業はモノにかかわるという仕組みにおいて、環境保全に貢献できる」という認識のもと、環境負荷低減の取り組みに注力しています。2000年に業界でいち早く環境マネジメントシステムを構築し、2001年1月にはISO14001の認証を取得し、循環型社会形成のために環境配慮型経営を推進しています。

ISO14001

環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001認証を2001年に取得。2016年に第11回サーベイランス審査を受審し、登録継続が承認されました。

ISO14001認証
[ISO14001 登録事業所]
三菱UFJリース 本社
MULビジネス 本社
MULエコビジネス 東京事業所

日常業務における実践

当社では、リース物件の3Rや中古機器売買ビジネスなどを通じて、資源の有効活用や廃棄量低減に取り組み、循環型社会実現に貢献することを目指しています。そうした活動を一層推進するために、2010年4月「生物多様性に係るガイドライン」を制定し、「事業活動を通じた取り組み」「オフィスワークの中での取り組み」を柱に、さまざまな活動目標を掲げています。

たとえば、当社が発行するコーポレートレポート、アニュアルレポート、社内報などには森林生態系保全のため、FSC認証紙を使用しています。そのほか、コピー・紙・電気の使用量削減や、グリーン調達、エコドライブなどの積極的な推進によって、生物多様性の保全と持続可能な社会実現に向けた継続的な取り組みを展開しています。

環境と事業を共に考える

生物多様性に係るガイドライン
生物多様性の保全に貢献するため、「事業活動を通じた取り組み」と「オフィスワークなどにおける取り組み」で構成する「生物多様性に係るガイドライン」を定めています。「事業活動を通じた取り組み」ではリース終了物件の3R(リデュース、リユース、リサイクル)、中古機器売買事業、環境・エネルギー関連事業などを推進しています。また、「オフィスワークなどにおける取り組み」では、森林生態系保全につながるFSC認証紙の使用、コピー・紙・電気の使用量削減、グリーン調達、エコドライブの推進などにより、資源の有効活用や廃棄量の低減に努めています。