ガバナンス

お問い合わせ

リスクマネジメント

リスク管理

リスク管理委員会を設置し、経営全般に係るリスクを総合的かつ体系的に管理し、特にカントリーリスクを含む信用リスク・アセットリスク・市場リスク・流動性リスク・オペレーショナルリスクの各リスクについての現状および課題を把握し、これらのリスクに対する対策を審議または報告することを目的としています。また、常務会の諮問機関としての機能を持っています。

主なリスクに関する管理体制

信用リスク
個別案件の検討にあたって、取引先の信用状況やカントリーリスクを踏まえ、リスクに基づく適切なリターンの確保に努めています。また、ポートフォリオ全体として、リスク分散を考慮した与信運営に取り組むとともに、信用リスク量を定期的に計測しています。信用リスクの状況は、リスク管理委員会に報告し、管理する体制としています。
アセットリスク
オペレーティング・リースなどの個別案件の検討にあたり、将来の物件価値を慎重に見極め、リスクに基づく適切なリターンの確保に努めています。また、ポートフォリオ全体として、リスク分散を考慮するとともに、アセット価値の変動リスク量を定期的に計測しています。アセットリスクの状況は、リスク管理委員会に報告し、管理する体制としています。
市場リスク
ALM(資産・負債の総合管理)により、金利のミスマッチ状況をモニタリングし、金利変動リスクを管理しています。また、金利・為替・有価証券価格の変動に係る市場リスク量を定期的に計測しています。市場リスクの状況は、リスク管理委員会、ALM委員会に報告し、管理する体制としています。
流動性リスク
グループ全体の資金管理状況を把握するとともに、長短の調達バランスの適正化や資金調達手段の多様化を進めることで、資金調達の安定化を図っています。また、コミットメントラインの取得をはじめとした緊急時の流動性補完対策を講じることで、資金の流動性を確保しています。流動性リスクのステージ判定結果などは、リスク管理委員会、ALM委員会に報告し、管理する体制としています。
オペレーショナルリスク
情報システムについて、誤作動や停止の異常、外部からの不正アクセスやコンピュータウイルスの侵入、サイバー攻撃などを検知し、トラブルを未然に防止する管理体制を講じています。また、情報セキュリティや事務管理にかかる社内教育も継続的に実施しています。さらに、コンプライアンスを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、高い倫理観をもって社会規範などに従って業務活動を行うとともに、コンプライアンスに関する継続的な教育や不正行為の未然防止を図る対策を講じています。オペレーショナルリスクの状況は、リスク管理委員会、コンプライアンス委員会に報告し、管理する体制としています。

危機管理体制

「危機管理規程」「災害対策規程」及び対応マニュアルを整備し、自然災害、人為災害、事故などによる経営への影響を最小限にとどめるよう配慮しています。さらに東日本大震災を教訓として、実践的なBCP(※1)の整備と訓練に取り組んでいます。

  • ※1 BCP:Business Continuity Planning - 事業継続計画