よくあるご質問

動産総合保険に関するよくあるご質問

当社では偶発的な事故が起きた場合に備え、原則としてすべてのリース物件・割賦物件に対して「動産総合保険」を付保しております。保険事故発生時のよくあるご質問については、以下をご確認ください。詳細については当社営業担当まで別途お問い合わせください。

動産総合保険の対象となる主な事故原因を教えてください。
動産総合保険の対象となる主な事故原因は以下の通りです。
  • 火災
  • 盗難
  • 落雷
  • お客さまの取り扱い不注意による損傷(※1)
  • 水災(※2)
  • 電気的・機械的事故(※2、3) など
  • ※1:お客さまの故意または重過失が原因となる場合を除きます。
  • ※2:水災、電気的・機械的事故は一般の動産総合保険では支払対象となりませんが、当社は特約にて標準付帯しています。
  • ※3:電気的事故とはショートや過電流などにより物件が損傷する事故、機械事故とは機械の内部で偶然に発生した不具合によって物件が損傷する事故を指します。
動産総合保険の対象とならない主な事故原因を教えてください。
動産総合保険の対象とならない主な事故原因は以下の通りです。
  • 消耗、劣化(※1)
  • 物件の瑕疵(※2)
  • 詐欺、横領
  • 地震、噴火、津波
  • 置き忘れ、紛失
  • 修理・清掃中の過失、技術拙劣(※3)など
  • ※1:消耗と劣化には、腐敗、変色、変質、さび、カビ、腐蝕、ひび割れ、はがれ、ねずみ喰い、虫喰いなどが含まれます。
  • ※2:お客さまが相当の注意をもってしても発見し得なかった瑕疵(通常の注意では容易に知ることができないような傷や欠陥)によって生じた損害は除きます。
  • ※3:修理・清掃などの作業中における過失、技術拙劣により火災または破裂・爆発が発生した場合を除きます。
補償期間について教えてください。
リース契約の場合はリース検収日から満了日まで、割賦契約の場合は割賦開始日から最終賦払い金支払日までとなります。再リース期間中も付保されます。
保険事故発生時の手続きについて教えてください。
事故が発生した際は、速やかに当社営業担当へ以下の連絡事項をご連絡ください。以後の手続きは別途ご案内します。
  • お客さまのお名前および連絡先
  • 契約番号
  • 事故発生日時および場所
  • 事故原因および事故状況
  • 事故に遭ったリース物件名および数量
  • 損害見込み額
保険事故発生時の必要書類を教えてください。
以下をご準備のうえ、当社営業担当までご連絡ください。
  • 当社所定の事故報告書
  • 修理見積書(修理内容の詳細がわかるもの)
  • 物件の写真、修理不能証明書(全損事故の場合のみ)など
  • ※保険事故の原因により必要となる書類が異なりますので、別途お問い合わせください。(例:火災は罹災証明書、盗難は警察署の盗難届出受理番号、水災・落雷は気象証明書またはそれに代わる新聞記事)。
保険金の受け取りについて教えてください。

修理可能な場合
お客さまご自身が修理された場合に限り、保険会社から支払われた保険金を限度として負担された修理代金をお支払いします。万一、修理代金が保険金額を超えた場合の差額は、お客さまのご負担となります。

修理不可能な場合
当社はリース・割賦契約を解約し、保険会社から支払われた保険金を損害賠償金として充当します。万一、損害賠償金が保険金を超えた場合の差額は、お客さまのご負担となります。

お問い合わせ

その他のお問い合わせや商品サービスなどのお申し込みは、下記お問い合わせフォームまたは当社営業担当までお問い合わせください。
お問い合わせ