リースの基礎知識

リース・割賦取引とは

リースとは

リースとは、広い意味で賃貸借取引(お金を出して物を借りる取引)のことで、リース期間中に物件価額のすべてをリース料としてお支払いいただくファイナンスリースと、リース期間終了時のリース物件の価値を見込み、物件価額から控除した上でリース料を算出するオペレーティングリース取引があります。また、賃貸借取引にはリースの他にレンタルやチャーターなどの取引形態もあります。

リースとは

ファイナンスリースとは

お客さまが希望される物件をお客さまに代わってリース会社が購入し、それをお客さまにリースする賃貸借契約です。原則中途解約不可で、リース期間中に物件価額・金利・諸税・保険料などを含めた代金をリース料としてお支払いいただきます。

割賦取引とは

お客さまが希望される物件を、契約期間(通常5年以内)にあわせて分割払いにて販売し、契約終了後に物件はお客さまの資産となる取引です。契約期間中の中途解約は禁止されており、契約額は物件価額や金利などの合計金額となります。
物件の管理責任、管理事務(対象物件は貸借対照表に資産計上し、減価償却・支払利息・保険料を費用計上する)はお客さまのご負担となります。

リース、レンタル、割賦の比較

  リース取引 レンタル取引 割賦取引
物件の選択 お客さまが指定 レンタル物件の中から お客さまが指定
契約期間 比較的長期 比較的短期 通常5年以内
所有権 リース会社 レンタル会社 お客さま(完済時)
中途解約 できない できる できない
契約終了後 再リースまたは返却 返却 お客さまの資産
管理事務(※) リース会社 レンタル会社 お客さま
頭金 不要 不要 原則必要

(※)管理事務とは:
購入手続き、物件の償却、固定資産税の申告や納付、保険料の支払いなどの事務手続き。