リースの基礎知識

リースメリット

1.資金を効率よく運用できます。

機械設備などを導入する場合、多額の初期投資が必要となります。しかし、リースをご利用いただきますと、月々一定のリース料のお支払いで済み、余裕資金を他の緊急な資金利用や有利な投資、研究・開発にご活用いただけます。

2.機械設備の陳腐化が軽減できます。

機械設備の陳腐化を考慮し、経済的な耐用年数に合わせたリース期間を設定することで、タイムリーに最新鋭の機械設備をご利用いただけます。

3.金利変動リスクが回避できます。

原則、リース料は固定のため、月々のお支払い額が平準化でき、金利変動リスクが回避できます。

4.借入枠を温存できます。

金融機関からの借入枠はそのまま温存できますので、100%別枠の資金として調達いただけます。

5.設備の管理事務負担を軽減できます。

お客さまが直接購入される場合、購入の手続き、固定資産税の申告・納付、保険料の支払い、物件の廃棄などの管理事務が必要です。リースをご利用いただくと、これらの事務手続きが不要となり、設備の管理事務負担を軽減できます。

6.予算制度のネックを解消できます。

予算の制約により機械設備を購入しにくい場合でも、リースなら容易に導入が可能です。一度に多額の資金を必要としないため、予算に合った形で無理なく機械設備を導入できます。

7.販売の拡販につながります。

販売メーカー様にとっては、販売時にリースを効果的にご活用いただくことで、販売促進にお役立ていただけます。

8.代金回収も確実、スムーズです。

当社がお客さまに代わって物件代金のお支払いをしますので、販売メーカー様は物件代金をスムーズに回収できます。

9.リピートオーダーの予測ができます。

リースの場合、契約期間が定められているので、リース満了時に合わせて、リピートオーダーのアプローチを計画的に行うことができます。