エネルギービジネスを、一歩前へ。

環境・エネルギー事業

世界中で様々な課題に直面している環境・エネルギー分野。三菱UFJリースグループは
省エネ設備のリースにとどまらず、メガソーラーなどの再生可能エネルギー事業や次世代の
エネルギーインフラ整備にまで携わっています。さらに、蓄積した知見をもとに国内外へと事業を展開。
省エネ、創エネ、エネルギーマネジメントなど多彩なノウハウをコーディネートし、
お客様の事業価値を高めながら、地球環境にも貢献します。

再生可能エネルギー事業を幅広く展開

再生可能エネルギー事業を幅広く展開

再生可能エネルギー

愛知県田原市の日本最大級の太陽光発電プロジェクトや、集合賃貸住宅の屋根を活用した「屋根借り太陽光発電プロジェクト」など、これまで数々の太陽光発電事業を手掛けてきました。2015年には、エネルギー事業のアセットマネジメントを行う「MULエナジーインベストメント株式会社」を設立。全国47都道府県で合計1,680Mw(2017年3月末時点)のプロジェクトを実施しています。また、2012年には森林再生事業のコンサルティングを目的とする「株式会社中部フォレストマネジメント」を設立。今後は国内のバイオマス発電の燃料調達ネットワークを構築し、地方創生ビジネスへの展開をめざしています。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
環境・エネルギー事業部
03-6865-3023

建物からエネルギー消費量を削減

建物からエネルギー消費量を削減

資源エネルギー庁の資料を基に弊社で作成

環境サポートサービス

三菱UFJリースグループでは、環境負荷低減の取り組みにおいて、ZEB(ゼブ:ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)建築を推進しています。ZEBは建築外皮の高断熱化や設備の省エネ性能を向上し、再生可能エネルギーの活用によって、建物における一次エネルギー消費量の収支をゼロにすることをめざした建築です。これを実現するため、当社は金融系企業で唯一、ZEBプランナーの認定を取得。補助金書類等の作成段階から適切なアドバイスを行い、多彩な金融サービスと省エネに関するノウハウを活かして、設備だけでなく建物も含めたプランニングいたします。さらに、国内で培った様々な省エネノウハウを海外にも展開。現地の環境に配慮した省エネルギーサービスをご提供します。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
環境・エネルギー事業部
03-6865-3023

排出権取引で温暖化対策をスマートに

排出権取引で温暖化対策をスマートに

写真提供:朝日新聞社

カーボンオフセットサービス

地球温暖化の原因とされる二酸化炭素の削減をめざす取り組み「カーボンオフセット」。企業努力で削減しきれなかったCO2排出量を、他の場所で削減されたCO2排出量で相殺(オフセット)するという仕組みです。三菱UFJリースグループは、環境貢献をめざす取り組みとして、全日本大学駅伝に「オフセットパートナーサービス」の提供を続けています。大会で使用される電力や車両から排出されるCO2を、緑化事業等で生まれた排出権と相殺することで、スポーツの発展と環境保全の両立に貢献しています。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
環境・エネルギー事業部
03-6865-3023