不動産を活かす。価値を引き出す。

不動産事業

三菱UFJリースグループは、従来より不動産関連の様々な事業を手がけてきました。
ローンにはじまり、エクイティ投資とアセットマネジメント受託を組み合わせたハンズオン型の
不動産再生投資まで幅広く展開。築年数の経ったビルを活性化し収益アップに導くとともに、
にぎわいづくりやまちづくり、さらには持続可能な社会の実現に貢献します。
今日の課題に応える多彩なソリューションにより、不動産の持つ価値を引き出していきます。

既存の資産を活かした、ハンズオン型の再開発

大阪国際ビルディング

不動産再生

高度経済成長期やバブル期に建設された築古のビルの多くが老朽化し、そうした不動産の活用が大きな社会的課題となっています。一方で、国内の不動産市場は、建築費の高騰や環境意識の高まりを受けて「建て替え」から「改修」へと志向が変化しています。そうした中、MULグループのMULリアルティインベストメントやMUL不動産投資顧問は、建築途中でとん挫した開発案件の事業継承、稼働率回復のためのテナント誘致活動や設備の入れ替えによる省エネルギー化など、資金提供にとどまらない事業運営型の展開を進めています。このような取り組みは、不動産の資産価値や収益性の向上などの事業価値の創出だけでなく、地域活性化といった社会的課題の解決につながると考えています。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
MUL不動産投資顧問株式会社
03-6860-9860

時代が求める設備投資の実現

ロジポート堺

不動産流動化

オフィス、商業施設、レジデンス、物流施設、ホテル等様々な収益不動産を対象に、メザニンローンを中心とするノンリコースローン(対象不動産から生じるキャッシュフローを返済原資とする融資)を提供するほか、長年にわたる不動産流動化の取り組みで蓄積したノウハウを活かし、エクイティ投資にも積極的に取り組んでいます。特に物流施設については、高度成長期に建てられた施設の老朽化や、インターネット取引(eコマース)の普及に伴う物流施設の高機能化、そこで働く人の労働環境への対応等、開発型エクイティ投資を通じ、最適な物流施設の供給に貢献します。これらの取り組みは日本国内に留まらず、米国・アジア・オセアニア地域でも展開してまいります。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
不動産事業部
03-6865-3021

初期投資を抑えながら、出店を加速

湘南モールフィル

不動産リース

テナントさまが希望する建物を建築し、その建物を賃貸するスキームの不動産リース。三菱UFJリースグループは、リース業界の中で先駆けて建物リースに取り組んできました。これまで大型商業施設をはじめ、物流施設や飲食・衣料品店舗、またビジネスホテルや介護施設まで様々な建物の実績があり、取り組み実績数は全国各地で約2,000件にも上ります。今後は、海外においても日本国内の案件で培ったノウハウや知見を活かし、商業施設や物流施設などの案件に取り組んでいきます。

お問い合わせ インターネットでのお問い合わせ
(お問い合わせフォーム)
営業担当者へのお問い合わせ
MULプロパティ株式会社
052-857-9210