ホーム > カーボンオフセットの活用方法

カーボンオフセットの活用方法

カーボンオフセットは、お客さまのブランディングやマーケティング活動に応用することができます。
商品の製造や消費、または事業活動そのものなど、温室効果ガスを出す企業活動にカーボンオフセットを導入することで、お客さまのサービスの価値向上、環境・社会貢献、イメージアップが期待できます。

カーボンオフセット導入によって期待できる効果

・貴社のイメージアップ
・CSR活動の一環としてPR
・商品価値向上
・競合他社との差異化による新たな顧客の開拓
・環境社会貢献、京都議定書で定められた日本の削減義務に貢献
・新興国(CO2削減プロジェクト実施国)への間接的な支援

企業努力で削減し切れなかったCO2をオフセットする それがカーボンオフセットです。

(1)商品使用・サービス利用オフセット
(2)クレジット付商品・サービス
(3)寄付型オフセット
(4)会議・イベント開催オフセット
(5)自己活動オフセット
 カーボンオフセットの取り組みには様々な種類がありますので、必ずしも上記分類に該当しない場合もあります。

カーボンオフセットマーク

お客さまの商品に弊社のカーボンオフセットマークを付けることで、環境貢献活動のPRにお役立ていただくことが可能です。

(※マークの提供は別途ご相談させていただきます)
商品使用・サービス利用オフセット
商品の製造・使用・廃棄などの過程において発生する温室効果ガス排出量の全部または一部をカーボンオフセットすることで、環境に配慮したエコ商品として販売いただけます。
(例)
通信販売カタログの製造・流通において発生するCO2排出量をオフセットしたカーボンオフセット付きカタログ
荷物の配送において発生するCO2排出量をオフセットしたカーボンオフセット付き運送サービス
など
商品使用・サービス利用オフセット
クレジット付商品・サービス
お客さまが販売される商品の購入者が、一般生活で排出される温室効果ガスの排出量をカーボンオフセットすることで、商品購入者の環境貢献活動に寄与することができます。
※商品の製造工程や、サービスの利用中に排出される温室効果ガス排出量をオフセットするものではありません。
(例)
一般消費者の生活において発生するCO2排出量をオフセットする消費者参加型の環境貢献活動キャンペーン
など
自己活動オフセット支援
寄付型オフセット
商品・サービスの提供者やイベント主催者が、地球温暖化防止・森林保全貢献のために資金提供を募り、クレジットを購入して無効化する仕組みです。
一定量の金額が集まってからクレジットを購入します。
(例)
ジュース1本につき1円が、寄付金としてクレジットの購入費用になり、100,000本のジュースが売れれば、100,000円のクレジットを購入しオフセット
チケット1枚につき5円が、寄付金としてクレジット購入費用になり、10,000人分のチケットが売れれば、50,000円のクレジットを購入しオフセット
など
寄付型オフセット
会議・イベント開催オフセット
スポーツ大会・コンサート・会議などを開催する際の照明や空調の利用、イベント参加者の移動によって発生する温室効果ガス排出量をカーボンオフセットすることで、環境に配慮したエコイベントとしてPRが可能です。
(例)
駅伝大会に参加する選手の移動に伴うCO2排出量をオフセット
展示会で使用する電力使用において発生するCO2排出量のオフセット
など
会議・イベント開催オフセット
自己活動オフセット
自社の建物や工場等の照明、空調などから発生する温室効果ガス排出量をカーボンオフセットすることで、自社の環境貢献活動に寄与することができます。
(例)
自社ビルの照明、空調の使用において発生するCO2排出量のオフセット
自社で建設したモデルハウス、ショールーム等の照明・空調の利用時に発生するCO2排出量のオフセット
など
自己活動オフセット

ページトップに戻る