ホーム > カーボンナチュラルリース

カーボンナチュラルリース

リースを使って、排出権をお気軽に。

カーボンナチュラルリースとは? –リースと一体になったカーボンオフセット–
リース物件の利用によって発生するCO2排出量を排出権によってオフセットする仕組みです。環境に配慮した設備投資をご希望するお客さまをサポートします。
カーボンナチュラルリースをご活用いただくことで、お客さまが使用するリース物件のCO2排出量をゼロとみなすことも可能です。
メリット

(1) CSR活動の一つとして

環境に配慮した設備投資を行うことで、CSR活動の一環としてご利用いただけます。
なお、カーボンナチュラルリースで使用する排出権は、国連が認証した信頼性の高い排出権を使用します。

(2) 設備投資単位で

カーボンナチュラルリースでは、小口で排出権を利用することが可能であり、設備投資単位で排出権をご活用いただけます。

(3) お手軽に

自社で排出権を調達してCO2排出量を削減することもできますが、事務作業が発生します。 カーボンナチュラルリースは、各種手続き(購入契約締結、排出権の調達、専用口座開設、無効化(償却)手続、会計事務)を当社が担当しますので、手軽にお取り組みいただけます。
リース機器例(CO2を排出する物件を対象としています。取り扱い機器に関しては、ご相談ください。)
リース機器例
リース物件が排出するCO2排出量を手軽にオフセット
カーボンナチュラルリースの基本スキーム
カーボンナチュラルリースの基本スキーム
オフセット証明書 (1) 設備投資をご検討される際に、想定されるCO2排出量等を基に必要となる排出権の数量を
     打ち合わせします。
(2) 専用のリース契約を締結します。
(3) 当社が排出権に関連する手続き(調達、管理、無効化手続きなど)を行います。
     (お客さまの手続き負担はありません。)
(4) 当社から、無効化(償却)(※)を証明する「オフセット証明書」を発行します。

※無効化とは…排出権の価値をゼロにすること。無効化量に応じたCO2排出量が相殺されたことになる。
 排出権を政府保有口座へ移転(償却)する手続きも無効化の一つ。
カーボンオフセット付きリースの証明として
カーボンナチュラルリースのシール カーボンナチュラルリースをご利用のお客さまには、カーボンオフセット付きリース物件の証明として専用のシールをご提供します(ご希望時)。
リース物件にシールを貼り付けいただくことで、環境貢献のPRとしてご利用いただけます。

ページトップに戻る