ホーム > カーボンオフセットとは…

カーボンオフセットとは…

地球温暖化は、人類にとって大変重要な環境問題です。

地球温暖化の原因の一つである二酸化炭素(CO2)の排出量削減のため、世界規模で様々な環境対策が進んでいます。
これ以上CO2を増やさないため、企業や国民一人ひとりが、みずからの排出量を認識し、削減に努めることが必要とされています。
カーボンオフセットもその対策の一つ。CO2排出量を「見える化」し、「排出権(クレジット)」を使って、生じてしまったCO2排出量をゼロとみなすことができます。「自分たちの削減努力だけでは限界がある」、「PRも考えた環境対策をしたい」など、環境に関連する様々なお悩みを抱えているお客さま、“カーボンオフセット”を一つの解決策として考えてみませんか?
環境問題

企業努力で削減し切れなかったCO2をオフセットする それがカーボンオフセットです。

カーボンオフセットとは?

カーボンオフセットとは、みずからの温室効果ガス(※)の排出量を把握し、削減努力だけでは対応しきれない部分を、以下の活動等によって相殺(オフセット)する仕組みです。

・ 新たに温室効果ガス削減・吸収につながるプロジェクトを実施する

・ 他の場所や団体において削減された排出量(排出権)を買い取り、埋め合わせをする

これらにより、実質的に温室効果ガスが削減され、地球温暖化の防止に貢献します。
※温室効果ガス…地球温暖化に負荷の高いガス (二酸化炭素、メタン、一酸化ニ窒素、HFC、PFC、SF6等)
削減が困難な排出量=排出権
カーボンオフセットのメリット
カーボンオフセットは環境対策を目的としたCSR活動の一つとしてもお取り組みいただけます。
また、商品の製造や輸送時に発生するCO2排出量に対してカーボンオフセットを利用することで、 エコ商品としての付加価値が付き、販売促進にもご活用いただけます。
カーボンオフセット事業で気をつけるべきこと
カーボンオフセットには決まったスタイルはありませんが、環境省やその外郭団体からは各種ガイドラインに則った信頼性のあるカーボンオフセットの実施が求められています。 また、実際にカーボンオフセットを行う際は、目に見えない排出権の確実な管理、例えば日本政府の口座への移転(排出権の無効化)をダブルカウントしていないかなど、注意を要する点があるため、適正な管理が必要とされています。
三菱UFJリースは、各種ガイドライン等に従って適切な排出権管理を行うことで、信頼性のあるカーボンオフセット事業の実現に努めています。

ページトップに戻る