ファイナンスリース

お問い合わせ

会計

機械設備の陳腐化リスクを軽減

機械設備の使用予定期間に合わせてリース期間を設定できるため、陳腐化リスクを軽減し、タイムリーに最新鋭の機械設備をご利用いただけます。

※税務上は法定耐用年数の70%(法定耐用年数が10年以上の場合は60%)を下限とします。

財務

資金の効率的な運用

一度に多額の資金を必要とせず、一定のリース料で機械設備をご利用いただけますので、資金の固定化を防ぐことができます。

資金調達の多様化

設備投資時にリースをご利用いただくことで、他金融機関からの借入枠を温存することができ、経営資源を有効にご活用いただけます。

管理、リスクヘッジ

金利変動リスクの回避

原則、リース料は固定のため、月々のお支払い額が平準化でき、金利変動リスクを回避できます。

業務効率

物件管理・事務をアウトソーシング

機械設備の購入手続き、固定資産税の申告・納付、損害保険手続き、物件の廃棄手続きなどの事務負担を軽減し、事務の合理化が図れます。

リースはメーカー、ディーラーのみなさまの販売活動にもご利用いただけます。

販売促進

販売促進

リースの効果的な活用によって、販売手段が多様化し、販売促進につながります。

代金回収リスクの軽減

当社がお客さまに代わって代金を全額お支払いしますので、代金回収リスクを軽減できます。

計画的な販売活動

リースの満了期間を目安にリプレイス(入替)提案を行えるため、計画的な販売活動が可能です。