オペレーティングリース

お問い合わせ

オペレーティングリースとは?

リース期間満了時の残存価額(残価)を当社が査定し、物件の元本部分から残価を差し引いて、リース料を算出するリース取引です。
お客さまのご希望に応じたリース期間の設定が可能なため、「生産ラインの合理化をはかりたい」、「受注に応じて機動的に設備導入したい」などの、お客さまの多彩なニーズにお応えします。オペレーティングリースで取り扱う産業工作機械は、マシニングセンタ、NC旋盤、フライス盤、射出成形機など多岐にわたります。

オペレーティングリースとファイナンスリースの比較

オペレーティングリースとファイナンスリースの比較

  オペレーティングリース ファイナンスリース
定義 右記以外のもの (1)フルペイアウト
(2)中途解約の禁止
期間 自由な設定が可能 最短:法定耐用年数の70%
(10年以上は60%)
対象物件 中古市場性のある特定の汎用物件 動産全般
リース料総額 物件価格以下 物件価格の110~120%程度
会計基準 賃貸借処理(オフバランス取引 原則売買処理(オンバランス取引)
税務処理 支払リース料を通じて全額損金処理可能 減価償却費を通じて全額損金処理可能

将来の正確な物件価値判断が重要

オペレーティングリースは、物件がリース期間終了時に、どれくらいの価値を持っているのかを正確に判断することが重要です。当社はグループ会社に「U-MACHINE」を持っているため、グループネットワークによる豊富なノウハウと専門知識を通じて、お客さまに最適なオペレーティングリースをご提供します。