会社概要

お問い合わせ

沿革

2007年 4月 ダイヤモンドリース株式会社とUFJセントラルリース株式会社が合併し、社名を「三菱UFJリース株式会社」に変更
名古屋証券取引所 市場第一部上場
2007年 5月 本社の移転
住所:東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング
2007年10月 三菱オートリース株式会社とダイヤモンドオートリース株式会社が合併
2009年 2月 三菱オートリース株式会社とセントラルオートリース株式会社が合併
会社名:三菱オートリース株式会社
2009年 7月 株式会社御幸ビルディングを子会社化
2013年 1月 航空機リース会社Jackson Square Aviation, LLC等を傘下に持つJSA International Holdings, L.P.を子会社化
2013年11月 オートリース会社PT. Takari Kokoh Sejahteraを子会社化
2014年11月 航空機エンジンリース会社Engine Lease Finance Corporationおよび海上コンテナリース会社Beacon Intermodal Leasing, LLCを子会社化
2015年10月 MULエナジーインベストメント株式会社を設立
2016年4月 MULリアルティインベストメント株式会社およびMUL不動産投資顧問株式会社を設立
2016年10月 日立キャピタル株式会社と資本業務提携
2016年12月 MULヘルスケア株式会社を設立
2017年4月 ドイツにおける洋上風力発電所向けの海底送電事業へ参画
2017年6月 航空機エンジン・パーツアウト事業へ参入
2017年7月 アイルランドにおける陸上風力発電事業へ参画
2018年5月 MULユーティリティーイノベーション株式会社を設立
2018年7月 英国水道事業会社South Staffordshire Plcへ出資参画
2018年12月 米国販売金融事業会社ENGS Holdings Inc.を子会社化
2019年3月 MUL不動産投資顧問株式会社が設立した私募REIT「MULプライベートリート投資法人」が運用を開始

旧ダイヤモンドリースの沿革

1971年 4月 ダイヤモンドリース株式会社、設立
1985年 3月 東京証券取引所 市場第二部上場
1988年 9月 東京証券取引所 市場第一部上場
1998年12月 南九州ダイヤモンドリース株式会社と合併
1999年10月 菱信リース株式会社と合併
2000年 8月 カシオリース株式会社を子会社化
2001年 1月 ISO14001認証取得
2002年 3月 ひろぎんリース株式会社を子会社化
2003年 3月 三菱電機クレジット株式会社に出資(45%)
2004年 1月 大和ファクター・リース株式会社(現ディー・エフ・エル・リース株式会社)を子会社化
2006年 8月 京セラリーシング株式会社(現ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社)を子会社化
2007年 2月 MMCダイヤモンドファイナンス株式会社を子会社化
2007年 3月 三菱商事株式会社との合弁でダイヤモンドオートリース株式会社及び三菱オートリース株式会社を傘下に置く持株会社、三菱オートリース・ホールディング株式会社を設立

旧UFJセントラルリースの沿革

1969年 5月 セントラルリース株式会社、設立
1989年11月 名古屋証券取引所 市場第二部上場
2000年 3月 神鋼リース株式会社を子会社化
2001年 3月 テクノレント株式会社に出資(30%)
株式会社日医リースを子会社化
2002年11月 ISO14001認証取得
2003年 3月 中京総合リース株式会社を子会社化
株式会社ジャストオートリーシングに出資(20%)
2004年 2月 あさひ銀リース株式会社(現首都圏リース株式会社)を子会社化
2004年 4月 株式会社UFJビジネスファイナンス(現三菱UFJファクター株式会社)のリース事業部門を統合し、社名を「UFJセントラルリース株式会社」に変更
2004年 4月 東京証券取引所 市場第一部上場
名古屋証券取引所 市場第一部上場