三菱UFJリースの歩み

モノに対する知見を活かして国内外で事業領域を拡大してきた、三菱UFJリースの歩みをご紹介します。

アセットに対する知見を活かして国内外で事業領域を拡大三菱UFJリースグループは、コア事業であるリース・ファイナンスを通じて「アセット」に関する
知見・ノウハウを蓄積し、強みを活かしてさまざまな事業へと取り組みの幅を広げています。

2007年4月

中期経営計画
2012年3月期~

Vision 2013

バリューチェーン上の
提供機能拡大
• グローバルアセット事業展開の加速
• 高付加価値サービスの提供

中期経営計画
2015年3月期~

Evolution 

収益機会の拡大• 国際展開の加速 • 事業参画

中期経営計画
2018年3月期~

Breakthrough for the Next Decade

新たな価値創造• 資産回転型ビジネスの推進 • 事業運営モデルの実現

中期経営計画
2021年3月期~

~Sustainable Growth 2030~

「アセットビジネスの
プラットフォームカンパニー」
への進化

Value Integrator

三菱UFJリースの歩み 年表

2007年

2007年4月

ダイヤモンドリース株式会社とUFJセントラルリース株式会社が合併し、「三菱UFJリース株式会社」が誕生。

2012年3月期~2014年3月期 中期経営計画Vision 2013

2013年1月

航空機リース会社Jackson Square Aviation, LLCなどを傘下に持つJSA International Holdings, L.P.を子会社化。

2013年11月

インドネシアのオートリース会社PT. Takari Kokoh Sejahteraを子会社化。

2015年3月期~2017年3月期 中期経営計画Evolution 

2014年11月

航空機エンジンリース会社Engine Lease Finance Corporationを子会社化。

2014年11月

海上コンテナリース会社Beacon Intermodal Leasing, LLCを子会社化。

2018年3月期~2020年3月期 中期経営計画Breakthrough for the Next Decade

2018年12月

米国販売金融事業会社ENGS Holdings Inc.を子会社化。

2021年3月期~2023年3月期 中期経営計画~Sustainable Growth 2030~

アセット価値創出力を発揮する「アセットビジネスのプラットフォームカンパニー」として、グローバルアセット分野、社会資本分野、再生可能エネルギー分野を注力分野として、メガトレンドを踏まえた社会的課題の解決に貢献していきます。

ページトップへ